【続】つい自慢したくなる、インバウンド向けPR動画-あなたの知らないOSAKAの魅力- | パンスールブログ | 株式会社Penseur パンスール|東京・大阪のデザイン会社

Blog

【続】つい自慢したくなる、インバウンド向けPR動画-あなたの知らないOSAKAの魅力-

Penseur

2018.05.24

Penseur広報部

皆さんこんにちは。
今回はPenseur広報部のちゃんめぐがお届けいたします!

このたびPenseurでは‶インバウンド向けにアピールするカッコイイ動画を作ってほしい″という
公益財団法人大阪観光局様からのご要望にお応えし、PR動画の制作をさせていただきました!!

※前編を見てない方はコチラのブログをCHECK!※

今回のPR動画のテーマは‶アンダーグラウンド″
制作にあたり、尖ったもの、マイナーなもの、変わった視点でなど…
企画当初はアンダーグラウンド的要素を中心としていましたが、最終的にポップカルチャーを多く起用することで、より親しみが持てる構成になったと思います。 アンダーグラウンドな雰囲気が伝わるように、編集作業の時点であえてセピアっぽい色調にしたところもポイントです!

撮影では、大阪で活動しているアイドルのステージを撮影させていただいたり、スタッフの知人を通じて撮影をお願いすることも多く、ご協力いただいた皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。

海外からの観光客の方々だけではなく、日本全国の方々にもご覧いただき、大阪の魅力を再発見するきっかけになればうれしいです♪

UNDER GROUND OSAKA



▷制作者よりコメント
・動画部 K.M (動画ディレクター)
 「凡庸ではなく過激で尖ったものを!」というのが当初の要望でしたが、実際にはオーバーグラウンド寄りになったこの作品。実はもっと過激な素材もいっぱいあり、同時にロケ地の選定にも苦労しました。撮影時点ではテーマに沿って少しセクシーさも意識して撮影しました。ライブ撮影では少し遠めからお客さん込みの画作りにし、懐かしくも新しい昔っぽさを演出。アンダーグラウンド感を出す画作りを心がけました。
 編集はT.K氏が担当!彼のセンスがハマったと思います。なんといっても、音とシンクロする緩急ある編集!視聴者を飽きさせない映像になっており、音の選曲もバッチリです。大阪アンダーグラウンドの魅力はまだまだいっぱいあるので、ぜひまた、この「テーマ」で制作し、今度はもっと過激な映像で攻めまくりたいと思います。

・動画部 T.K (動画エディター)
 今回一番こだわったポイントは‶音″です。もともと音楽好きなため、映像に使用するBGMなどは自分なりにこだわってセレクトしていますが、今回の映像ではテーマが「(サブカルチャー寄りの)アンダーグラウンド」ということで、アイドルやメイドカフェのメイドさんが登場します。 そこではお決まりの「おいしくな~れ、萌え萌えきゅ~ん!」「またきてニャン!」のフレーズがあり、「これは絶対に生かしたいな~」と思い、その雰囲気の合うBGMを探して、「これ、元から入ってたんちゃうの?」という、いい塩梅でテンポに合わせてフレーズの配置をしました。
 映像ではタイムラプス(風)やスローモーションを結構多用し、緩急をつけたテンポ感のいい動画に仕上がっていると思います。 カラコレは先輩方から「アングラだしビビッドな色合いがいいんじゃない?」とアドバイスをもらい仕上げました! インバウンド向け動画ということで世界中の方に、もちろん日本の方にも見ていただけたらうれしいですね!

・広報部より
 前回から紹介している公益財団法人大阪観光局様のPR動画ですが、どれもカッコよく仕上がっていて、みんなに自慢したくなるものばかりです♪ 特に今回の動画は、大阪に住んでいる方でも知らない魅力が詰まった内容になっているのではないでしょうか。 この動画を通して、たくさんの方に大阪の魅力が伝わることを願っております☆

 Penseurには幅広いジャンルに対して、感度の高いクリエーターたちが集まっています!楽しみながらも、一つひとつに思いを込めたクリエーティブをご提案できるメンバー体制で、ご相談をお待ちしております!

Penseur 広報部
担当:ちゃんめぐ