Works

神戸アイセンター・神戸アイセンター病院 ポータルサイト構築

●制作に対しての要望など
既存病院の眼科機能を集約・拡充する目的で新設された、神戸アイセンター病院。そのホームページ全体のデザインレイアウトの制作では、閲覧者がより見やすく、利用しやすいものであるとともに、公開後は職員による情報更新が容易な仕組みをつくること。
その次に開業前後の認知拡大のため同施設を積極的に広報し、基幹病院としてのプレゼンスを高めることが前提にありました。
課題は大きく3つあり
1:開業前後の認知拡大
2:誰に、何を、どう伝えるかのセグメントと動機付け
3:正確な情報伝達と効果的なプロモーション
これらを盛り込み、総務省が規定する「みんなの公共サイト運用ガイドライン」に沿ったウェブアクセシビリティへいかに対応するかという問題もありました。


●実制作にあたっての課題解決として
1:視覚障がい者の方に向けた読み上げ機能実装のため、可能な限りテキストベースでサイトを制作、カラーリングやフォントなどユニバーサルデザインを用いて誰もが見やすいサイト制作を心がけました。
2:閲覧者の目的よって、ほしいコンテンツに変化があるため、閲覧者の行動を考慮し、情報をセグメント化と導線の設計。
3:自社のオリジナルCMS『RENGA』は操作性、セキュリティ、拡張性において非常に優秀で、「ログイン履歴」や「操作ログ」も閲覧でき、利用率の高いコンテンツは大きなアイコンでの表示など、管理者にも直感的に操作してもらえるように構築しました。
4:初めて受診される患者さまや、そのご家族にも、サイトの遷移や閲覧時の「分かりやすさ」を心がけました。

2018.09

Client/神戸市立神戸アイセンター

Works 一覧に戻る